暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

【英語学習の強い味方】ワイヤレスヘッドホン

最近の英語教材

最近の英語教材の多くは、音声もついている物が多くなりました。

目で読み、手で書き、さらには、口で発音をまねる。

多くの部位を使うことでより定着させることができます。

 

発音だけは何度も繰り返し聴かないと、日本語カタカナ読みから抜け出せないと感じます。

 

英語独学者にとって、音声教材は非常にありがたい存在なのです。 

音声教材をスマホで聴く

そんなとっても役立つ音声教材を聴くのに、スマホが非常に便利です。

 

CD をスマホに取り込んで聴いたり、TED や BBC の映像を観たり、 オーディブルを使って聴いたり。

 

ちょっとした隙間時間も有効に活用できます。

イヤホン

始めはスマホを購入した時についていたイヤホンを使っていました。

 

ですが、私の耳にはサイズが合わず、すぐに落ちてしまうのがストレスでした。

口を開けると落ちそうになるので喋れないのです。

 

せめて耳に合うサイズのイヤホンが欲しいと思い、カナル型イヤホンを購入しました。

それは、耳にぴったりとフィットして非常に快適でした。

 

あまりに便利なので、外を移動する時にも、台所仕事の時にも、使うようになりました。

 

ここで、今度は、コードが非常に邪魔になってきました。

 

外ではバッグのなかにスマホを入れる。

バッグを斜めがけする。

はい、絡まります。邪魔なのです。

 

台所仕事ではバッグがないので、ポケットにスマホを入れます。

コードがびろーんと垂れます。

はい、食材につきます、火が怖いです。やっぱり邪魔なのです。

コードレスホン

私は学習しました。

イヤホンは非常に便利です。でもコードは邪魔です。

 

そうです、コードレスホンにすれば良いのです。

 

新たにBluetoothで接続できるイヤホンを購入しました。

 

ああ、コードがない!なんて快適なのでしょう。

 

ところがです!

またしても、私の耳に合わないという悲劇です。

性能より価格を重視してしまい、、ネットで安い商品を買ったのがいけなかったのです。ちゃんと試着して買うべきでした。

 

コードレスホンはイヤホン部分が普通のイヤホンより大きいので、重さがある分落ちやすく感じます。落ちてしまうとコードがないので、地面に直撃です。

台所では水の中に落としそうで使うことはできませんでした。

 

ゆっくり座って喋らずに使用する分には、なんとか使えるという感じです。

コードレスのヘッドホン

いろいろと試してみた私が、最終的に行き着いたのは、コードレスのヘッドホンです。

 

結論をいいます。

これ、最強です。

かなりおすすめです。

f:id:piyo53:20180707235846j:plain 

個人的な好みの問題も大きいのでしょうが、耳の中に強引に入れ込むあの圧迫感から解放されて、音に優しく包まれている感じなのです。

 

しかも、コードが邪魔だという問題もクリアです。

 

コードレスのヘッドホン最強です。