暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

LAMY safari all black 2018

LAMY の今年の限定色

LAMY safari に毎年限定色が出ることを知ったのは去年でした。

昨年の限定色は、ペトロール。

深い青緑色の落ち着いた色合いに惹き付けられました。

同色のインクと使うのが何とも魅力的だったのですが、購入まではしませんでした。 

 

そして、今年。

どんな色がでるのかわくわくして待っていました。

 

今年の限定色は、all black 。

定番で出ている黒色よりもさらに濃く深い黒。

 

ニブまで真っ黒な姿がかっこよくて、発売されるとすぐに購入していました。

  

 

LAMY safari の書き心地

LAMY を購入したのは初めてでした。

海外のニブは太いというので、EF にしました。

それでも、国産の M に近いくらいの太さに感じます。

 

書いている時に聞こえてくるさらさらという筆記音が、小気味よくてリズムよく手が動きます。

 

固めの書き味で線の強弱はつきにくく、なるほど絵を描きたくなります。

インクは付属のカートリッジのBLUEを使用

とりあえず購入した時についていたBLUE のカートリッジを使用しています。

 

モンブランのロイヤルブルーが紫の強い青なのに対して、ラミーのインクは混じりけのない青を感じます。

 

書いたすぐは濃い強めの青なのですが、数日経ったら色が少し抜けて優しい青に変わります。私はしばらく経って変化した後の青が好きです。

  

おまけのインクカートリッジカバー

いただいたインクカートリッジカバーも真っ黒の金属製でクールな印象です。

すっきりシンプルなデザインはぜひ使いたいと思わせるもので、早速カートリッジを購入しました。

 

つけてみると、あれ?

サイズがちょっと合わない・・・。

 横幅は少し箱を押し込んでいれる感じで、一方、高さは明らかに余っています。

 

これはフリスクの方がぴったりにできているんでしょうね。

今度買ってみます。。。

 

この万年筆を購入して2週間あまり。

使っているとやっぱり絵を描きたくなるのです。

でも、残念ながら上手に描けません。

 

私が70歳の時には、手帳の片隅に挿絵のような絵をサラサラと描けるようになろう!

と、妄想に近い決意をしたところです。