暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

2019年の手帳について第二回手帳会議

勝手に開催中の第二回手帳会議です。

 

前回は、ほぼ日手帳の weeks MEGA の新シリーズ「スニーカー」にかなり心惹かれておりました。

 

www.kurashi-piyo53.com

 

 

今回のテーマは、ずばりロルバーンです。

 

 

ロルバーンは愛嬌あるノートなんです

なんでしょうね、ロルバーンの可愛さったら。

 

ついね、うっかりね、増えちゃうんですよね。

 

純真無垢なまっすぐな目でこちらを見つめられるとね、こっちにおいでって言っちゃう感じ。

汚れを知らない子どものような素直なたたずまい。

 

 

ああ、何を言ってるんでしょ?

伝わってます??

 

 

お値段もお手頃なのでついつい増えちゃうノートなんですよね。

 

ロルバーンのスケジュール帳

ロルバーンのスケジュール帳はマンスリーとメモページで構成されています。

紙は少し黄色っぽい5ミリ方眼です。

方眼のラインはドットで描かれており薄く控えめで、無地に近い感覚で自由に書くこと

ができます。

 

私のノートも、自由です。

英語学習に利用したり、なんでもノートとして使ったり。

縦書きもありですし、ノートを横にして使ったりもしています。

この自由度がロルバーンの一番の魅力です。

 

 

 

 

リングタイプのものはメモページが豊富でページの後ろにはクリアポケットがついていて、シールやメモ、ショップカードなどちょっとしたものを入れるのに役立ちます。

 

ホチキス綴じのロルバーンは薄いので、持ち歩きに向いています。

スケジュール管理は最小限で良いという人には最適です。

 

 

ロルバーンダイアリーに新しくガントチャートが登場!

ついつい熱くロルバーンについて語ってしまいましたが、大事なのはここからです。

 

ホチキス綴じのロルバーンノートダイアリーに、今年始めてガントチャートタイプが登場したのです。

 

ロルバーンのマンスリーのページ、

ãã³ã¹ãªã¼

この後に、ガントチャートのページが続くのです。

ã¬ã³ããã£ã¼ã

 

シンプルなノートタイプは魅力的ですが、家族の分も全部記入するとどうしても見にくくなってしまいます。

 

 

ガントチャートは家族それぞれの予定を記入したり、

読んでいる本を記録したり、

体重の変化を記録したり、

習慣化したいことのハビットトラッカーとして利用したり、

使い道が広がります。

 

もちろん方眼のメモページもあるのでマンスリーだけでは書ききれない予定の詳細などを書くことができます。

 

 

ロルバーンダイアリーの使い方を想像してみる

私は新しく出たガントチャート付きのロルバーンダイアリーが気になります。

 

最小限の予定管理をするノートと自由に何でも記入するノートの2冊使いをするのです。

 

手帳を1冊にまとめる。

 

これが私の一番の理想です。

書きたくなったことは全部この手帳に書き記すのです。

見返すのも当然1冊。

 

 

いくつかのノートを使い分けるのは私はうまくできませんでした。

だいたいどこに何を書いたのかを忘れているのです。

これは困る。

 

決めたつもりでも、いつの間にかごちゃごちゃになるし、

同じことを何回も書いてるし、、、、

 

 

ただ、1冊にまとめるとなると、当然メモページも限られる。

自分が一年間にどれくらい書きたいのかなんて正直わからない。

 

最小限のスケジュール管理できる薄いノートに、

普通のノートを組み合わせる。

そうするとページの残りを気にすることなくがんがん書ける。

ノートがなくなったら途中で新しいノートに変わるので、

気になるいろんなノートを試すこともできる。

 

 

うん、これもなかなかいいかもしれない。。。。。

 

 

 

 

 

 

、、、、たぶん、つづく。

 

 

 

 

 

 

www.kurashi-piyo53.com