暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

手帳会議2019 ほぼ日Weeks MEGA スニーカーに決定  MEGA の魅力紹介します

9月1日になりましたね。

早速ロフトへ行ってきました。

 

 

来年の手帳ほぼ日Weeks MEGA を買う

ほぼ日の予告サイトで一目惚れしたのがスニーカーでした。

そのサイトの動画がなんとも良いのです。

若い女性が、仕事でもプライベートでもメモが必要な時にさっと取り出して太めのボールペンでガシガシと文字を書いていくシーン。文字だけでにとどまらず図や絵をさらさらっと書いたり、ペンを使ってスケッチしたり。手帳は、いつも彼女の傍らにあって、いつでも思いを受け止めている相棒となっている。そんな使い方がとてもとても格好よくていいなぁと思ったのです。

 

もちろん今年 MEGA を使っているので、 MEGA の良さである懐の深さは十分堪能中ですから、使い方のイメージもばっちりなのです。

 

 

実を言うと、同じく MEGA のロフト限定ミントもちょっと惹かれたのですが、、、

今年使っているのがロフト限定のイエローなので、同じロフトのロゴの2019もいいよねーと心動いたのですが、第一印象のインパクトが大きかった方を買わなくてはずっと心残りしてしまうと思ったのです。

 

ほぼ日手帳 Weeks MEGA スニーカーについているもの

スニーカーに入っていたものはこちらです。

 

クリアポケットとほぼ日の路線図2019、そしてふせんです。

 

クリアポケットは裏面がシールになっていて、白い紙をはがすと透明です。

今年の手帳はクリアカバーをつけていたのでクリアポケットを裏表紙の裏面につけるとクリアカバーと重なってしまうので、表紙をめくった次のページにつけています。

先日からクリアカバーを外して使いはじめました。まだ表紙はとてもきれいなままだけど、これからの数ヶ月でどんな風に変化するのか楽しみたいです。

 

スニーカーにはクリアカバーはサイズが合わないということなので、クリアポケットは裏表紙の方につけようかな。

 

路線図は、主要都市の路線図を網羅しているみたいです。すごい情報量。普通の手帳の後ろの方にもこんなに詳しいのは載ってないんじゃないかな。

とはいえ、私の行動範囲は限られているので、全部を持っておく必要はないかも。

よく使う、名古屋の路線図を切り離そうかな、そうするとちょうどその後ろのページは九州があるので、実家に帰った時とかも便利かも。

九州の他に札幌と仙台も載ってるけど、ちょうど切り離しても大丈夫な感じです。

よく見ると、東京近郊の路線図が3ページに渡っているんだけど、その裏は大阪近郊の路線図が3ページ割り当てられていて、必要なところだけ切り離しても大丈夫なように考えられているみたいです。やるね!

 

あと、透明な「ふせん」ですね。

スニーカーにはしおりがついていないので、その代わりになるようについているそうです。

この透明ふせん、すごい厚みです。

わかります??

以前、万年筆のペン先を撮る練習をした10倍ルーペをおおげさに活用してみました。笑

 

すんごいしっかりとしたプラスチックなんですよ。

透明プラスチックしおりのふせん的な。フィルムふせんかと思ったら大違いでした。

 

今の手帳も実はマンスリーやさっと開きたいページはふせんを使っているので、この透明ふせんも活躍してもらおうと思っています。厚みに見合った働きをしてくれるのか楽しみです。

 

ほぼ日手帳 Weeks MEGA スニーカーの中身

やっと中身の紹介です。

語りたい事が多くってこんなに長くなってしまいました。

 

まず、表紙と裏表紙のぷっくりの文字がとってもかわいいのです!

マットブラックのかっこいい表紙に、同じくブラックの文字。だけどそこに手書きのぷっくり文字をいれてくるって!ひっそりとめちゃかわいい。

 

開くと、三年分のカレンダーの次に、一年間のページ。このページってなんて名前なんでしょう?

このページ、実は今年は全く活用できていません。まっしろ。

こういうページにいつからいつまで何の本を読んだのか記入したいところなんだけど、ちょっと狭くてかけないのです。

簡単なマークを決めて記録したいものを記しつけるような使い方がいいのでしょうか?

何かうまい使い方ないかなー。

 

次は、マンスリーのページ。今年の12月から2020年の3月まであります。

翌年の3月まであるのは、学校に通う子どもをもつ親にとっては大助かりです。

入試や卒業式、早くから書いておきたい予定なんかもありますよね。

 

そして、次にウィークリーのページ。

左のページには、三分割のところに小さなポッチがあります。

右のページには、左側のところにさりげなく線がはいっています。

自分でルールを決めて記入するのをそっとサポートしてくれる仕掛けです。

午前、午後、夜と時間区分して予定を記入してもいいし、自分の予定、子どもの予定、献立、とか全然違う内容を書いてもいいし。

どう使おうかなと、使い方の手帳会議はまだつづきそうですねー。

 

最後は、たっぷりのメモページ。

メモページの最初にはインデックスのページがあります。

そして、 MEGA の MEGA たる所以、方眼メモページです。

じゃーん。213ページ!!

これ、ページ番号がちゃんと書かれているので、バレットジャーナルにも本当に最適なのです。インデックスのページが少ないので、はじめの数ページは開けておいた方がいいかもしれません。

 

ページ番号が書かれているのも、ページの中央ではなくてめくった時に見やすい端の方にあるというのもポイント高いです。

なんでも書いてページを記録する。すごく幅広い使い方に対応できるのが MEGA の魅力だと思います。

 

ただひとつだけ、残念なポイント。

今年の MEGA には、「 My 100 」のページがあったのですが2019の MEGA にはなくなっているのです。

今年は、読んだ本を記入して年間100冊目指しています。

「 My 100 」のページ、楽しいから大好きなんだけどな。ほんと残念。

ダウンロードシティにお世話になるしかないかな。貼付けてぼこぼこになるのがあまり好きではないので、メモページで済ませるかもしれません。

 

 

ずいぶんと長く紹介しましたが、来年の手帳もほぼ日 Weeks MEGA に決定です。

これで、手帳会議は終了ですかねー???