暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

チープカシオの電池を交換、特別な工具なしでできました

数年前に購入したチープカシオの電池が切れてしまいました。

 

新品でも1000円で購入できるので、電池交換にお金をかけるのは勿体無い気がするし、かといって電池が切れただけで捨てるのも勿体無い。

 

そこで、自分で電池交換に挑戦しました。

 

時計の後ろを開ける

電池交換用の道具を持っていれば簡単なのでしょうが、あいにく私は持っていません。

使ったのは、ごく普通のカッターナイフです。

 

マイナスのドライバーの一番小さなものでやってみましたが、大きすぎてダメでした。メガネのネジ用などの小さなものならいけるのかもしれませんが、うちにあったのは普通サイズのドライバーセットです。

 

カッターを真横の部分の隙間にいれて、少しずつ広げます。

ベルト近くよりも中央ぐらいがいいです。

一度に開けてしまうのではなく、何度かに分けて開けるような感覚です。

 

無理をすると傷が入るので、自己責任でお願いします。

 

ここの蓋を開けるのが一番の難関です。

 

電池を交換する

蓋が開いたら、電池を取り出して新しい電池を購入します。

 

商品の取り扱いがそう多くはないセリアに買いに行きましたが、このサイズの電池はありませんでした。

 

 

そのままダイソーへ。

ダイソーで無事購入できました。

 

 

 

使用後の写真ですみません。

電池は「SR626」です。

 

あとは、電池をいれて蓋をするだけです。

 

家にある道具でできてとても簡単ですし、108円で電池交換できるので電池が切れて困ったいる方はぜひ挑戦してみてください。