暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

ピロリ菌の検査をしました

 

ピロリ菌の検査を受けよう! 

なんとなくずっと気になりつつも放置していた事。

それは「ピロリ菌の検査」です。

 

胃がんの原因の一つとも言われているし、防げる病気があるのなら事前に調べて対処しておいたほうがいいに決まってるよね。

 

わかっちゃいるんだけど、まあ病院に行って調べるのも時間がかかりそうだし、面倒だしなぁ、、、なんて後回しにしていました。

 

 

ところが、今は簡単に調べることができると知り早速調べてみました。

 

 

どんな検査をするの?

ピロリ菌の検査方法は数種類あるようです。

  • 診断薬を飲んでから呼気を調べる方法
  • 血液や尿の抗体を調べる方法
  • 糞便中の抗原を調べる方法
  • 内視鏡検査

などの他にもあるようです。

 

私は手間やコストを考えて一番手軽と思われる尿で検査する方法を選びました。

 

まずは検査キットを購入します。

ネットで購入するのでとても簡単です。

キットが届いたら、尿を採取して郵送するだけ。

これでいいの?と言うくらいの簡単さです。

 

今回は、夫婦二人とも調べようと思い2個セットを購入しました。

 

私が今回購入した2個セットはこちら。

pipipi.official.ec

 

 

 

もちろん1個から購入できます。

pipipi.official.ec

 

 

 

検査から結果到着まで

ネットで購入してから一週間ほどで検査キットが到着しました。

 

2個セットは別々に届きます。

 

 

受付表に記入し採尿器に朝から尿を採って、同封の封筒に入れて郵送します。

 

送料も込みで、二人で7,640円でした。

 

郵送してから結果が届くまでに11日。早い!

 

 

結果は陰性でした。ほっ、ひと安心です。

 

検査を受けての感想

ピロリ菌は年代が上になるほど保有率が高いそうです。

幼い頃に飲んだ水から保有することも多いのだとか。そして保有者からうつる事もあるというのを知り検査を早く受けようかなと思いました。

 

というのも、私の父親は自然豊かな地域で育ち、家の裏には水が湧き出しているというような環境でした。父はピロリ菌持っててもおかしくはないなぁと勝手に決めてかかり、さらには私が幼少期に父が噛んだ食べ物を食べたりして私にもうつっているかも??と不安になったからです。

 

もし私がピロリ菌を持っていたら父も持ってるかも!検査して教えてあげよう

 

ふふふ。勝手な妄想でした。よかった。

 

とにかく、検査をしておけばリスクを減らすことができるかもしれませんし、いなかったとしても安心感が違います。

 

大きな負担もなく受けられる検査なので受けて良かったです。

 

 

 

 

私自身は、胃はすこぶる丈夫で不調を感じることはないのですが、