暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

ロイヒトトゥルムに合わせる万年筆を決めました

新しいことを始める時にはワクワクします。

新しいノートを使い始める時にもワクワクします。

初めてのノートで本格的にバレットジャーナルを始めるって、両方がいっぺんにやって来てとびきりのワクワクです。

 

そんなワクワクが高まるほど、新しいノートに最初にペンを入れる時のドキドキは高まりますよね。

 

ロイヒトトゥルムにはどのペンで書こうかな〜。

ここ最近の頭の中のどこかにずっと居座っていたこの思考、ようやく結論が出ました。

 

 

 

ロイヒトトゥルムに最初に使った万年筆は

インクによっては案外抜けることがわかったロイヒトトゥルムですので、必然的に使えるインクが絞られました。

 

その中で、一番私の中で品格の高い万年筆を選びました。

 

モンブラン マイスターシュテュック149 です。

インクはモンブランのミッドナイトブルーです。

グレーが強いブルーブラックで落ち着いた色で、大好きな色です。

 

 

もう一つ、活躍してもらう万年筆は

そして、デイリーログを書いたのはこちらです。

セーラーのプロフェッショナルギアΣ です。

インクは、三光堂さんの名駅ブルーグレー。セーラーのインクです。

 

 

細字要員の万年筆も登場

あと、小さな文字を書きたいスペースには細字の万年筆を選びました。

プラチナ万年筆のセンチュリー3776 シャルトルブルー 超極細を使います。

インクはプラチナのブルーブラック。

 

出来るだけ純正インクを入れようとするタイプですね、私。笑

 

 

 

おまけ◎日付の書き方を考える

最後に、どうでもいいようで変にこだわってしまうポイントがありまして、それは日付の書き方です。

ちょっと考えてみました。

 

シンプルなもので空間を区切るようなデザインにしたかったのですが、まあバリエーションのなさに驚きます。

 

この中のどれにしたのか、興味を持たれた奇特な方は上の方の写真を見てみてくださいね。

 

ちなみに、このページはセーラープロギアΣの名駅ブルーグレーです。

 

 

 

 

最後に

いろんな万年筆を使って、いろんなインクを使って気の向くまま書くのが好きなので、これから他の万年筆の出番もどんどんあるかもしれません。

ですが、この3本の万年筆をこのバレットジャーナルのメインとして使っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

www.kurashi-piyo53.com