暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

万年筆と手帳、そして吸い取り紙を

万年筆と手帳の関係

最近はすっかり万年筆の書き心地とインクの色合いに惹かれて、万年筆で書くことが楽しくなってしまいました。

 

手帳に書くために万年筆を使っているのか、万年筆を使いたいために手帳を書いているのか、もはやどちらが中心になっているのかわかりません。

 

手帳を開いてさらっと万年筆で書き込む。

書き込んだらぱたんと閉じておしまい。

 

そのくらいの手軽さで万年筆を使いたいのです。

 

万年筆で書くとき気をつけたいこと

万年筆は力を加えることなくインクがするすると出て滑らかに書けるのが魅力なのですが、その分どうしてもインクの乾きは遅くなります。

 

太めの文字になると特に注意が必要です。

ぱたんとすぐに閉じてしまうと、反対のページにインクが移ってしまうのです。

 

吸い取り紙というもの

こんな時には、吸い取り紙というものを使うといいらしいのです。

吸い取り紙とは、インキ等を吸い取らせ、乾燥を早めるために用いられる紙だそうです。

 

 

このコクヨの吸い取り紙は、16枚入りでアマゾンで222円です。

そう高いものではないですが、あまりお店で見かけませんよね。

 

そして、これはブロッターといわれる本体にセットして使うものらしいのです。

 

 

見たことあるようなないような、、、

実物にはあまり出会わないですよね。

 

そこまで本格的でなくてもいいんです。

ちょっとインクを吸ってくれれば。

 

吸い取り紙の代わりに和紙を使う

そこで、 私は和紙を使っています。

といっても、わざわざ買っているわけではなくて、和菓子をいただいたりする時についている熨斗(のし)を再利用しています。

 

できるだけ水分をすってくれそうな紙を選ぶだけです。

 

 

すでに使っているので、結構インクがついています。

 

和紙を半分に折って二重にしています。

それを手帳のサイズに切りそろえれば完成です。

記入するページにしおりの用に挟んでおけば、書いてすぐに閉じても大丈夫です。

 

ほぼ日手帳は全く裏抜けがないのですが、逆に言うと水分を吸い込みにくいということ。

なのでこの和紙の吸い取り紙がずいぶん役立っています。

 

もうひとつの手帳にも、同じように吸い取り紙のしおりを作っています。

ジブン手帳です。

 

 

表からと裏からと同じサイズのシールを貼って、インデックスのようにしています。

 

 

汚れたらすぐに取り替えることができる気軽な吸い取り紙です。

本当の吸い取り紙を使ったことが無いので比較はできないんですが、これで十分役割を果たしてくれています。

 

 

ホットクックでつくる参鶏湯が簡単でおいしい!

勝間和代さんの本とブログを読んで、家事の負担を減らそうと取り組んでいます。

 

 

 

 

この2冊はおすすめです。 

 

一番楽になったと感じているのは、ホットクックという電子調理器を取り入れた食事の準備です。

 

 

 

ホットクックで作るとおいしい料理

 ホットクックはかき混ぜることのできるお鍋なので、カレーやスープ、みそ汁といった汁物も作れますし、かき混ぜる必要のある回鍋肉のようなものも作れます。

その中でも一番得意な料理は、なんといっても煮物ではないでしょうか。

 

かぼちゃやの煮物や豚の角煮などはゆっくりじっくり作ったおいしさです。

大根と鶏の煮物は、以前からルクルーゼを使ってガス火でよく作っていたのですが、ホットクックで作ると鶏のほろほろ具合が違います。

子どもたちは、以前は大根の方が好きで鶏の方が人気なかったのですが、ホットクックで作ると大根はもちろん鶏の人気が急上昇で驚きました。

 

初めての参鶏湯に挑戦

今日は初めての料理に挑戦しました。

 

お弁当の材料が切らしていたので、昨日遅い時間に買い物に行ったところ、鶏が一羽丸ごと売られていて、しかもそれが半額になっていたのです。

大きくてきれいな鶏があまりのお値打ちになっていたので思わず購入してきました。

 

以前テレビで TKO の木下さんのおふくろの味で参鶏湯が紹介されているのを見て、とてもおいしそうだったので、いつか作ってみたいなと思っていたのです。

 

参鶏湯と言えば、ずいぶん前に韓国旅行で食べたのがとてもおいしくて、忘れられない料理なのです。何度かレトルトを購入して食べてみたことはあるのですが、小さな小さな鶏がくしゅっと入ってる感じで、忘れられない味とは違ったものでした。

おいしい参鶏湯にはなかなか出会えないのだと諦めていました。

 

それに、参鶏湯は昔は風邪薬として薬屋さんで売っていたというくらい、漢方がいろいろと入っているもので、とても家庭で作れるものではないと思っていたのです。

ですが、テレビでは、そういうものは一切入れずに作っていたような、、、、。

かなり曖昧な記憶で、はっきり覚えていないのだけど、そんなに構えることなく作っちゃおう、と勢いだけで作ってみました。

 

参鶏湯の作り方

ホットクックの付属のレシピブックにちょうど参鶏湯が載っていたので、参考にして、にんにく、生姜、長ネギ、白米、塩、胡椒のみで作りました。

なつめ、クコの実、松の実がレシピにはあったのですが、入れていません。

 

作り方はシンプルです。

  1. おなかの中に、にんにくと生姜と白米を入れます。
  2. 爪楊枝で穴を塞ぎます。
  3. 水をたっぷり入れます。
  4. 塩・胡椒と長ネギ、生姜を入れます。
  5. スイッチを入れて1時間50分放置。

 

完成!

 

家庭でつくる料理じゃないと思っていた参鶏湯が簡単にできました。

 

今日は、17時過ぎから19時まで子どもの習い事の送り迎えがあるので、ゆっくりと調理する時間はありません。

なので、ほったらかしでできる料理が本当に大助かりです。

 

参鶏湯のお味は?

ところで、この参鶏湯のお味はどうだったのかというと、鶏はほろほろと柔らかくジューシーでシンプルにおいしかったです。

鶏のおなかに詰めたお米は、本来はもち米を使うところを白米で代用したのですが、一緒に入れたにんにくの味が効いていて十分堪能できました。

 

今回は、特別な材料を一切使っていないので、参鶏湯独特の風味や香りはなかったので少し物足りない気持ちも。。。

黒七味をかけたりしてアクセントを楽しんで食べたりもしました。

キムチも一緒に食べたかったかな。

 

ホットクックで作ると本当に簡単すぎるので、子どもたちが「お母さんじゃなくてホットウックが作った」という認識になってしまってます。

「お母さんが作ったの!勝手にホットクックは作らないの!」と声を大にして主張するというおかしな状態になってしまうのが、唯一困っているところです。

 

 

PILOT 万年筆 CUSTOM98 にインクをいれる

インク表を参考に入れるインクを決める

少し前に、万年筆の洗浄をして、その時に入れるインクの参考にするためにインク一覧をつくりました。

 

www.kurashi-piyo53.com

このときのインク表を参考にしました。まずは気になる裏抜けについて。 

 

ほぼ日手帳のトモエリバーには、どのインクも裏抜けはありませんでした。薄い紙なのにたのもしいです。

 

365daysnotebook は、インクの量が多くなると裏抜けが気になります。

紙自体が真っ白ですごく薄い紙なので、裏抜けまではいかない部分でも透けて見える部分が多少気になります。

 

最後の、モレスキンはほぼ裏抜け状態です。その中でも、プラチナのブルーブラックが全く抜けてなくて驚きました。確かこのインクは古典インクとのこと。

もうひとつ抜けていなかったカキモリの soda glass も顔料インクでした。

古典インク、顔料インクの良さはこういうことなのでしょうか。

 

パイロットカスタム98に入れるインク

パイロットのカスタム98という小さな万年筆で、昨年廃盤となるのを知って購入したものです。

カラーはディープレッドです。

ニブのサイズは3号で、カスタム74よりもひと回り小さくなります。金ニブで柔らかい書き心地です。中字でインクがたっぷりでるので、小さな万年筆といえど、力強いおおらかな文字が書ける見かけに寄らず男前な万年筆なのです。

 

キャップは回すタイプではなく、ぱちんと差し込むタイプです。

キャップを締める時に「ぱちん」と作りの良さが分かるいい音がするのが、かなりお気に入りです。

 

そんなインクたっぷりの万年筆には何を入れようか?

 

考えていたのですが、最近のお気に入りのパイロットのブルーブラックを入れることにしました。

 

理由は、モレスキンの裏抜けはあるものの他のインクよりはましであること、そして何よりパイロットのブルーブラックがとてもいい色だからです。

 

結局、好きな色を使いたい〜!という結論です。

 

コンバーター40に注射器で入れる

私、コンバーター40にうまく入れられないんですよね。

もっと入るよね?と何度も出し入れしてしまうので、インク瓶にいろんなものが入り込んでしまいそうで、よく注射器を使います。

 

入りました〜。

あんまり欲張らずに金具のところまで入れてます。

 

 

うん、いい色です。

 

今度は細字の万年筆にこのパイロットのブルーブラックを入れたいなぁと、このインクがすっかり気に入っております。

 

 

 

 

手帳にぴったりのふせんとその使い方

ふせんっていろんな種類がたくさん出ているので、マステと並んでついつい増えちゃう文房具の上位じゃないですか?

 

ふせんもマステもいろんな使い道があって、価格もお手頃で、かわいいものもたくさん出ていて、ひとつ増えてもどうせ使うよねーと軽い気持ちで買えるんですよね。

 

我が家では誕生会の時に行うビンゴ商品にふせんを入れたりしていたので、気がつくといくつもかわいらしいふせんがあるんです。

 

そのふせん、最近は手帳に合わせて使うようになってとても便利なので、私の使い方を紹介しますね。

 

手帳で活躍するふせんの特徴

手帳で使う際のふせんの便利なところをまとめると、

  • 記入スペースがあること
  • 貼り直しができること
  • 目立たせることができること

この3点になると思います。

 

使っているふせん

この点を活用するために私が使っているふせんはこれです。

f:id:piyo53:20180704203556j:plain

左は、小さなサイズのポストイット、右はダイソーのフィルムふせんです。

 

どんな風に使っているのか?

・記入スペースがあること

基本的な使い方は追加のメモページというものです。

そのためには絵の描かれたものや記入しにくいものは使いにくいです。

このポストイットは、縦7.5ミリ、横25ミリという小ささ。

 

これは、9月1日に返却期限のくる図書館の本が3冊あるよーというメモ。

 

たいした内容ではないけど、こういうのってすぐ忘れるんですよね、私。

忘れちゃいけないよねということを気軽に書き留めておくために、ふせんを使っているのです。

 

直接書いてもいいのだけど、細かいことまで書きすぎちゃうと見づらくなっちゃうので追加メモ欄として使うと、終わっていらなくなったら捨てちゃえばすっきりです。

 

・貼り直しができること

ふせんの一番の特徴である、貼ったりはがしたりできるということ。これは本当に便利ですよね。

 

先ほどの小さなポストイットふせんがここでも活躍です。

仮おさえしておきたい予定を記入してマンスリーの日付のところに貼っておくのです。

予定が変更するかもしれない友達との予定など、ふせんに書いておくといつでも気持ちよく変更できます。笑

 

このサイズだと書きたいことを全部書けないときもありますが、そんなときは2枚3枚使えば問題無しです。

実際は、ほぼ日手帳weeks MEGA を使っているので、方眼メモページに細かいことを記入してマンスリーには簡単に記入だけで済ませることの方が多いのですが。

 

・目立たせることができること

 

今月のマンスリーのページに貼っているダイソーのフィルムふせんです。

透明で部分的に白とカラーで記入もできるようになっているものです。

 

インデックスとしての使用を想定しているふせんです。

 

今月のページのようにすぐに開きたいページや、何度も使うページにこのようにふせんで目印にしています。

 

しおりもついているのですが、ついている2本のしおりは、ウィークリーのページとメモページにそれぞれ使っているので、マンスリーはふせんを利用しています。

 

あとは、後ろのページに読んだ本を一覧で記入しているのですが、そのページは何度も開きたいページなのでふせんで印をつけています。

 

このダイソーのふせんは、少し厚めにできていて丈夫なのでこういった使い方に適しています。

 

来年用に購入したほぼ日手帳のスニーカーにも、しおりのかわりに丈夫なふせんがついていました。同じような使い方なのだなと思います。

 

ふせんの持ち運び方法

このふせん活用するにあたって私にとってのいちばんのネックとなったのは、じつは、「使いたい時にふせんがない」ということでした。

 

みなさんも経験ありません?

 

あー、家の引き出しにはいってるのにーーー。

今手元にあれば使うのに。。。。

という場面。

 

この対策は、ふせんの数を減らしてあらかじめ手帳に貼っておくというのが一番効果があります。

これが、今の私の手帳。

普通ですねー。

 

上の方にあるくまのふせんは、本のしおり代わりに使ったふせんで、まだ使えそうなので手帳に貼付けているものです。貧乏性ですねー。笑

 

カバーに守られているのではがれにくく、また紙に貼るよりも接着面が長持ちする気がします。

持ち物をあまり増やしたくないので、手帳本体にふせんを貼り付けておくというのはとてもおすすめです。

 

 

結局、王道のふせんの使い方をしている感じなのですが、使うふせんを使いたい用途に合わせるだけで、使い勝手がとても向上しました。

よかったら、みなさんのおすすめの使い方も教えてください〜。

 

 

『暮らしのおへそ vol.26』でこころに残ったのは 食事時間を子どもに合わせないということ

他人がどんな暮らしをしているのかって、普通に暮らしているだけでは分からないですよね。

 

そんな他の人が暮らしの中で大切にしていることが紹介されている『暮らしのおへそ』という本があります。

 

 

当たり前と思っている自分の暮らしが本当に当たり前なのか

自分が子どもだった時はそんなこと気にもしなかったけど、自分が母親になると今の暮らし方でいいのかな?ってなんとなく不安になるときがある。

 

正確に言うと、今の暮らしぶりに自信が持てないという感じ。

 

だから、人の暮らしを垣間みることのできる『暮らしのおへそ』という雑誌が私は好きなんだと思う。

魅力的な人がどんな暮らしをどんな心持ちを大切にしながら送っているのか、暮らしの核になる部分、つまりおへその部分はとても興味深いです。

さらには、部屋の様子や暮らしの道具までが写真に載っているので、じーーーっと目を凝らしながら見てしまうのです。

 

 

『暮らしのおへそ vol.26』

食事時間を子どもに合わせない

最新号のこの本を読んで、私が一番こころに残ったことは、「婦人之友」の友の会でテレビなどでも活躍されている整理収納アドバイザーの井田典子さんのページです。

 

お子さんが反抗期で帰りが遅くなることが多い頃のこと、

食事時間を子どもに合わせない

と書かれていたのです。

 

19時に夕食を食べて23時に寝る 

 

自分の時間を変えない。

 

 

自分の時間を変えないということ 

この言葉が響いたのは、子どもの帰りの時間が遅くなる時がでてきたり、習い事の時間が遅くなってご飯の時間が変わったりしている今だからでしょう。

 

あと30分待てば、子どもがみんなそろって食べられる。

そんな時にどうしますか?

 

 

今までの私は、待ってみんなで食べるを優先していました。

帰りの遅い主人は仕方がないけれども、子どもたちはみんなそろってにぎやかに食べるのが最善だと疑うこともなかったのです。

 

でも、最近はみんなで食べるよりも時間を重視した方がいいのではないかと疑問を持ちはじめていました。

 

高校生の上の子が30分遅くなるのを、中学生・小学生である下の子まで待たせることでその後のお風呂も勉強も全てが30分遅くなってしまう。

 

曜日によって習い事があったりで、毎日が違う時間に少しずつご飯の時間が変化する。感覚的に、ご飯の時間スタートが夜のスタートになってしまうので、毎日の時間感覚がずれていく。

するとどうしてもリズムのよい生活を送るのが難しくなってくると感じるのです。

 

家時間を固定する

我が家のご飯は○○時だよ。

そう決める。

 

すると帰りの遅くなった子は、家に帰ってくると「ああ、今日は遅くなったな」と家時間で感じる。

 

そうなる方がいいんじゃないのか。

 

家族が多いとみんなの予定に日々合わせながら夕食の時間を変えていくことが現実的ではなくなってくるのです。

 

遅れて食べる子はさみしい思いをさせちゃうかな、少しの迷いもない訳ではなかったのですが、井田さんのページにはこのようにも書かれていました。

 

食べ物でちゃんと繋がっている

 

子どもが大きくなったとはいえ、いや大きくなったからこそ、まだまだ迷いの多い子育てです。

この井田さんのおへそにちょっと背中を押してもらえたような気がします。

 

『神・時間術』仕事効率をあげる1日のスケジュールに変えてみる

少し前に読んだ本の『神・時間術』を参考にして1日のスケジュールを考えてみました。

 

 

www.kurashi-piyo53.com

 

 

脳のゴールデンタイム

起きてからの2、3時間を脳のゴールデンタイムといい、一番集中力を要する仕事をするのが良いそうです。

時間とともに集中力は落ちていくので、朝の時間の活用を優先的に考えてスケジュールを組みたいところです。

 

午後の集中力リセット術

午後からはどうしても集中力が落ちてしまいます。

いくつかのリセット術が紹介されていますが、私が取り入れようと思ったのは、夕方の運動によるリセットです。

 

そこで最近取り入れているのは、家事エクササイズ!

 

今までは脳のゴールデンタイムである朝一番に、家事をしていたのです。

朝食の片付けしてから、部屋の片付けして、洗濯物を干して、洗濯物を畳んで、、、、と、真っ先に家事を終わらせてから1日をスタートさせるのが一番すっきりと始められると信じていました。

朝から家事を一通りこなした日は、私ってなんていい奥様と満足しておりました。

 

ああ、もったいない!

 

夕方の運動リセット術に家事エクササイズを取り入れて感じる事

そこで、朝の家事はそこそこにして、夕方の3時から5時を家事によるエクササイズの時間と考えて、まとめてその時間に家事をする事にしました。

買い物もその時間に済ませます。

 

1日の中でまとめられる家事をまとめて、それをエクササイズと考えて取り組むのはなかなかストレスなくやれていい感じです。

 

やらなくちゃなーと思いながらだらだら過ごして夕方になってしまってやってる時の嫌な感じではなくて、積極的に意図して夕方にするのでは全然違います。

考え方一つで同じ時間の家事が違う意味を持ってくるのが面白いですね。

 

 やりたい事をする時間を持つ

あとひとつ、意識的にやっている事があります。

それは、やりたい事をやる時間をもつという事です。

 

本には、「楽しむ」ことこそ人生として、楽しい趣味の時間を持つ事を勧められています。

 

その段階までいけるのが理想的ですが、まずその前の段階として、自分がやりたいことをスケジュールにいれるということをしています。

 

というのも、世の主婦の皆さんがそうだと思うのですが、自分の予定が往々にして子どもの予定に取って代わられるという事があるのです。

夕方は、子どもの習い事の送り迎えの時間になりますし、夜でさえも今日使った体操服今日のうちに洗って!とか、ぞうきん明日まで!5ミリ方眼ノートがなくなった!などなど、急な仕事が割り込んでくるんです。

 

どうしても自分の時間軸だけ予定が組めなくなる時間もあるので、1日のうちにやりたい事をやる時間を組み込む事で、自分の予定を自分で管理しているという感覚を持とうというねらいです。

 

これだけのことですが、意識してやるのと漠然とやるのとでは、全く違います。

時間の流れの主軸を自分にもってくるのです。

 

まとめ

読んだ本『神・時間術』を参考に1日の流れを変えました。

  • 午前中に集中力が必要なことをする
  • 夕方の3〜5時を家事エクササイズの時間とする
  • やりたい事をする時間を予定にいれる

 

最近取り入れた時間管理が、今のところ順調でストレスなく感じています。

 

主婦ほど、自分の時間を自分でコントロールする意識を持つために手帳を活用するのがいいのかもしれません。

 

手帳会議2019 ロルバーンダイアリーガンチャートのお試し 未来の自分に焦点をあてる

来年はロルバーンダイアリーガンチャートも使います

来年の手帳用に早々に購入したロルバーンダイアリー。

初めて出たガンチャートのものを選びました。

 

 

各月のマンスリーとガンチャートがそれぞれ見開き1ページずつあります。

1月のマンスリーの次にガンチャートのページ、次が2月のマンスリーそしてガンチャートという風に交互に並んでいます。

 

いつから使う?

今年の10月はじまりのダイアリーです。

ロルバーンはガンチャートを主にチェック項目を記入するために使いたいと考えています。

具体的には、毎日の歩数や体重を記録したり、英語学習の進み具合をチェックしたり、ブログ記事の更新を記録したりといったところでしょうか。

 

今の手帳では、チェック項目を記入するという事をしていないので、早速9月分からお試しをしてみる事にしました。

 

今年の9月のお試しに来年の6月を使う

今年の9月は土曜日はじまりです。

そして、ちょうど来年の6月が同じく土曜日始まりのひと月30日なのです。

 

お試しするにはちょうど良い来年の6月分をコピーします。

それから半分に折り、2枚をのりでくっつけました。

 

マンスリーのページ 

 

ガンチャートのページ

写真では分かりませんが、4ページあるノートの様な形になっています。

 

現在、過去から未来をみつめた手帳の使い方

私の今までの手帳の使い方といえば、予定を記入することがメインでした。

 

忘れないようにするためにスケジュールを管理するというのが一番の目的なので、それで十分かもしれません。

ですが、その日にあった出来事を書き加えたりすることで手帳の楽しみがぐっと増しました。

こんなお店に行ったよ、こんなことして遊んだよ、子どもはこんな事を頑張っているよ。そんな日常の中で忘れ去られていくような些細な事を書き留める事は、なにげない生活のなかの楽しみを拾い集めていくようでした。手帳って楽しいものなんだと感じたのです。

 

そういった手帳の使い方は、現在の自分をスケジュールで管理して、過去の自分を振り返って楽しむという、現在と過去に焦点をあてたものなのだと思います。

 

 

そして来年は、さらに一歩踏み込んだ使い方にトライしてみようと思いました。

それは「未来の自分にも焦点を当てた使い方をする」ということです。

 

なりたい自分をイメージする。

できるだけ具体的に想像して、そうなるためには何をしたら良いのか考える。

やるべき事をいつやっていくのかスケジュールに落とし込む。

進捗を記入して、なりたい自分に近づくように努力する。

 

少しずつ小さなステップをのぼっていけるといいな。

 

そう思って。

新しい手帳を味方につけられるように。