暮らしをつくる

充実した毎日を送るために、暮らしを自分でつくっていこう。好きなことで埋め尽くそう。

MENU

制服についた油性ペンの汚れを家にあるもので落としてみた

娘が制服の袖に油性ペンの汚れを付けて帰ってきました。

 

友人と一緒に別の友だちの誕生日プレゼントを作っていたところ、友達が持っていた油性ペンに振り返った娘の袖がかすってしまったのこと。

娘はそうでもないけど、友だちの方が気にしているようで落として何とか気を楽にしてあげたいところ。

 

 

油性の汚れなのでベンジン?と思いながらも、あいにく我が家にそんなものは無い。

 

ネットで調べるとクレンジングか除光液が効果ありとあったので、クレンジングで落としてみることにしました。

 

汚れは、こんな感じ。

かすっただけなのでラインも細めでそう濃くはない様子。

f:id:piyo53:20190620093914j:image

 

 

 

そして、つかったクレンジングはちふれのコールドクリーム。

f:id:piyo53:20190620093922j:image

娘のバレエ発表会で化粧の下地に薄く塗ので購入したものです。

下地に使ったり、マッサージに使ったりできるくらいなので、洗浄力もマイルドなんだろうなぁとちょっぴり不安だけれども仕方がない。

 

 

まずは、汚れにたっぷりとコールドクリームを塗りました。

f:id:piyo53:20190620093934j:image

1、2分置いてタオルに汚れを移すように裏側からこすります。

 

f:id:piyo53:20190620093843j:image

 

これを何度か繰り返します。

タオルにはうっすらと黒いラインが移っているのが見えます。

 

制服の袖の汚れはこのくらい。

若干薄くはなっているようだけど、まだまだかな。

f:id:piyo53:20190620094050j:image

 

洗い流したらこんなかんじ。

しっかりラインが残ってる。

f:id:piyo53:20190620094122j:image

 

コールドクリームの限界を感じ、諦めて次の方法をトライしてみる。

まず、食用に使っているこめ油を汚れに塗って油と馴染ませる。

それから食器洗い用の中性洗剤でゴシゴシとこすり洗い。

ちなみに、我が家で使っている食器洗い用の洗剤は、手荒れ防止のために一番洗浄力が弱いものです。

それから、布巾洗い用の石けんでゴシゴシ。

すると、このくらい落ちました。

 

f:id:piyo53:20190620094126j:image

 

うん、だいぶん落ちてる!

まあ完璧とはいかないけれども、我が家の洗浄力弱い洗剤たちを使ったわりにはよく頑張った!なレベルかな。

 てか、他の部分もかなり汚れてる!

夏服の半袖ではなく合服の長袖ばかり着るので、特に袖周りやリュックのあたる肩周りがすごく汚れるんですよね。。。

こちらもなんとかしなくちゃ!

 

 

以上、しっかり油性ペンの汚れを落としたい人にはそこまで参考にはならないかも?な家にあるもので洗濯してみよう!でした。